転職の面接時に問われる仕事を変わる理由について

仕事を変わる時に行われるの面接では、転職の理由によっては合否を分けることになります。大抵の企業は、転職希望者に対して、もとの仕事内容や、退職を決めるまでの事情などを尋ねてくるものです。なぜ転職を決意して、なぜこの仕事を希望するに至ったのか、答え方次第によっては、転職活動がうまくいかなくなります。個々人によって転職に至る流れは異なりますので、答えが一つに定まっているということではありません。今の仕事に不満を持つようになったきっかけは、人づきあいだったり、仕事内容だったり、給与や休日日数だったりします。転職の理由は、言い方を間違うと、相手によくない印象を与えてしまいますので、用心してください。転職活動中の面接の時に質問される志望動機として、言ってはいけないとされていることがあります。基本的に、人との関係性が理由で転職に至ったという話はしないほうがいいようです。新たな職場に入ることができたも、また人間同士の問題が起きたら、また辞めてしまうような人だと判断されると、採用が遠のきます。福利厚生に納得がいかない部分があって転職をしたいと思っているという人に対しても、再び転職をしていなくなる可能性を考慮され、不採用になりがちです。面接を受ける時は、事実とのズレが大きなことは言わないほうがいいですが、相手の印象を悪くするようなことは言わないほうが無難です。今の職場を悪く言うよりは、今後の展望を語るほうに軸足を置いて希望動機を語るよう心がけることが、転職活動では重要になります。